PB5000-S+ 延長器

IP対応HDMI延長分配器(送信機) PB5000-S+

AAVARA
PB5000-S+ 製品画像

接続図1

PB5000-S+ 接続図1

接続図2

接続図2

接続図3

接続図3

IPインフラ対応HDMI延長・分配機トランスミッター

8入力30出力のマトリクスブロードキャスト(多角的に分配)も可能

リモコン(IR)信号も伝送可能

1080p対応

プラグ&プレイによる簡単セットアップ

PB5000-S+の特長

IPインフラ対応HDMI延長・分配器トランスミッター

受信機のPB5000-R+またはPB5000-Rを併用し、スイッチングハブを経由(ギガビットLAN)して、1台のHDMIソース機器(レコーダ、プレイヤー、ゲーム機)からのHDMI信号を長距離延長できます

PB5000-R+、PB5000-Rは別売です

8入力30出力のマトリクスブロードキャスト(多角的に分配)も可能

複数の当機(送信機)と複数のPB5000-R+やPB5000-Rを同ネットワークに設置することで、HDMI信号のブロードキャスト(上記の接続図2を参照)や任意のソースを選択しマトリクス出力(上記の接続図3を参照)もできます

送信機は最大8台まで設置可能
受信機は最大30台まで設置可能

DIPスイッチによる簡単セットアップ

当機(送信機)とPB5000-R+やPB5000-R(受信機)をスイッチングブ経由で設置した場合でも、DIPスイッチでチャンネル選択するだけで、その後は双方が自動認識するためIP設定不要となり簡単にシステム構築ができます

任意のIPアドレスは割当て不可
DIPスイッチの設定は、当機及び受信機の電源を切った状態で行ってください

リモコン(IR)信号も伝送可能

付属IRケーブルを当機(送信機)とPB5000-R+やPB5000-R(受信機)に接続し、受信機側から送信機に接続したソース機器(レコーダ、プレーヤーなど)のリモコン操作ができます

シンク機器(テレビ、プロジェクタ)のリモコン操作の伝送は不可

1080p対応

480i, 480p, 576i, 576p, 720p, 1080i, 1080p

ネットワークケーブルについて

CAT5e、CAT6(UTP / STPいずれも可)8極8芯ストレートケーブルでの接続可

HDCP1.2準拠

コンテンツの不正コピーを防止する著作権規格、HDCP適合

DVI信号の伝送も可能

HDMI⇔DVI変換ケーブルHDMI⇔DVI変換アダプタ を併用することで、DVI信号の伝送もできます

PB5000-S+の仕様

型番PB5000-S+(送信機)
メーカーAavara(アーバラ)
対応スイッチングハブ / ルーター1000BASE-T以上(1Gbps以上)
推奨ネットワークケーブルBelden社製 1700A
コネクタ入力HDMI TypeAメス ×1
出力RJ-45(8極8芯) ×1
電源電源ジャック ×1
RS232DB9ピン ×1
IR3.5mm IRジャック ×1
ソース選択スイッチDIPスイッチ ×4
LED電源グリーン ×1
LINKグリーン ×1
画像方式HDTV480i, 480p, 576i, 576p, 720p, 1080i, 1080p
PC1920×1200(最大)
オーディオシステムステレオL/R(2ch)
オーディオサンプリングレート48KHz
HDCPHDCP1.1 / 1.2準拠
最大延長距離100m
周波数帯域120MHz
電源仕様DC5V, 2A(付属ACアダプタ)
最大消費電力5W
動作温度0〜40℃
保管温度-20〜50℃
湿度5〜90%RH、NC
ケース材料メタル
重量325g
サイズ165×28×116mm
対応受信機PB5000-R+
無償保証期間2年

DIPスイッチの設定は、当機及び受信機の電源を切った状態で行ってください

PB5000-S+の製品画像

前面図

前面図
1. ソースチャンネル選択DIPスイッチ
2. 検出LED
3. パワーLED
電源ON時(グリーン)

背面図

背面図
1. 電源ジャック
2. リモートI / Oコネクタ(RJ-45)
3. ソース機器接続ポート
4. RS232ポート
5. IRジャック

PB5000-S+のFAQ

画像劣化はしますか?

滲み、フォーカス(ぼけ)などが発生する場合があります

環境(LANケーブルやスイッチングハブ、表示解像度、表示機器の特性など)により画質に差が出ますので、一概には言えませんし、許容範囲内である可能性もあります。

画質を懸念される方は、弊社の機器貸出サービスをご利用になり、実機の組み合わせで表示して、ご評価ください。

デモ機(無償貸出)お申込み

EDIDとは何ですか?

EDID(Extended Display Identification Data)とは、VESA(Video Electronics Standards Association)が制定した規格です。

EDIDはシンク機器(ディスプレイなど)がソース機器(PCのグラフィックカードやSTBなど)に接続された際に、シンク機器側からソース機器側へ送信される情報です。
具体的にはシンク機器が保有する能力(解像度、周波数)、輝度データ、メーカー名、シリアル番号、投影方法などが含まれます。

この情報を元にソース機器はシンク機器に対して、最適な映像(解像度など)を出力します。

PB5000-S+の付属品

PB5000-S+ 付属品
  • PB5000-S+(送信機) 本体 ×1
  • IRケーブル ×1
  • 電源アダプタ ×1
  • ユーザーマニュアル(日本語) ×1

PB5000-S+の関連製品

専用受信機

PB5000-R+

HDMIケーブル

各種HDMIケーブル

HDMI⇔DVI変換ケーブル

HMDM-xxM-TLシリーズ
型番小売価格JAN備考
PB5000-S+オープン4712818576023

サイト内検索

サイトマップ